スポンサーリンク

サーキュレーターとは夏だけじゃない冬にも活躍/2020年度版

サーキュレーター2020年お役立ち情報
スポンサーリンク

まずサーキュレーターとは「空気循環器」ことです。

でも扇風機とはどうちがうの?と思われる方もいらっしゃると思いますが、

その答えはズバリ!

サーキュレーターは「優れた直進性と遠くまで届く風の威力が特徴。」

という事です。

公式HPではメーカーや機種にもよりますが、

その到達距離、なんと30mを誇る物もあります。

ボルネードHPより

「風を送る」「空気を循環させる」

だけであれば

それぞれ「扇風機」や「シーリングファン」という選択肢もありますが、

サーキュレーターにはそれらにはない、

もしくはそれ以上の機能や性能、使い方などがあります。

更には電気代の削減まで効果が期待できるのがサーキュレーターです。

それでは詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

サーキュレーターと扇風機の違い

まずサーキュレーターと扇風機の違いですが、この両者の大きな違いはまずは本来の使い方です。

扇風機は人に対して風を送りますが、

サーキュレーターは壁や天井やエアコン対して風を送ります。

ボルネードHPより

扇風機の風は直接、体にあてて涼しむ風であり扇風機が向いている周辺だけが涼しくなります。

一方サーキュレーターは扇風機と同様に人に対して風を送る使い方もありますが、やはりサーキュレーターの最大の特徴は優れた直進性と遠くまで届く風の威力

直接人に対して風を送るよりもその作り出す気流によって部屋全体を効率良く、そしてムラなく涼しくする、又は温めることが本来の使い方であり、サーキュレーターと扇風機の違いはそこにあります。

スポンサーリンク

なぜサーキュレーターが空気の循環に優れているのか

ボルネードHPより

サーキュレーターは主に天井や壁に向けて風を送ります。その風をメーカーによっては竜巻状の風(トルネード)と呼んだり、スパイラル気流などと呼んだりします。

それらの風はただ直進性が優れているだけではなく、渦を描きながら進み周りの空気を巻き込みます。やがてその風は強力な渦となり壁に届きます。

その届いた空気は、天井や壁に反射するように折り返して、元のサーキュレーターに届きます。そしてまた再び送り出す・・・

この繰り返しが循環する気流を作り出します。

これにはやはりサーキュレーターの特徴「優れた直進性と遠くまで届く風の威力」が必要となるわけです。

重要なのは
竜巻状の風・・・これは周囲の空気を取り込みます。
直進性・・・・・遠くまで届くこと。
吸気力・・・・・周りの空気をどれほど吸い込むか、ファンの大きさが重要。

スポンサーリンク

サーキュレーターの主な役割とは?

主なサーキュレーターの役割ですが

・部屋の全体の空気の循環
・隣接する部屋へエアコンなどの冷気や暖気を送る
・素早く換気を行う。湿気や熱気などを室外に放出する。
・上下の階層にも風を送る
・外気を取り込む

などその役割は多いです。


※サーキュレターの使い方については詳しくまとめた記事がありますのでそちらをどうぞ。


スポンサーリンク

サーキュレーターは夏も冬も効果絶大!エアコンとの併用

COLLEN HPより

サーキュレーターのエアコンとの併用は電気代の節約にもなります。

夏はエアコンの吹き出す風に合わせます。

ちょうど冷気があたる所に設置します。例えるなら電気の延長コードでしょうか?

延長コードのイメージで冷気を繋ぐように設置する事によって、更に冷気が遠くまで届きます。

そしてサーキュレーターの特徴の空気の循環を行うので

部屋の温度のムラを抑えて、より効果的に使用ができます。


ボルネードHPより

冬は天井など上部に向けて設置します。

空気は温まると軽くなるという性質があります。暖房を入れるとその温まった空気は

何もしなければ天井付近に滞在します。

その空気をサーキュレーターの風によって撹拌し循環させることができます。

通常の暖房ではロスになっている上部の温まった空気を効率よく上手に利用するわけですね。

その結果無駄に暖房を強めなくとも、快適な空間を作り電気代の削減に繋がります。

ただ風をむやみに強くするとと寒く感じてしまいます。

ここは「風の威力が弱くても遠くまで循環する気流を作り出す性能」が左右する所で、

冬こそサーキュレーターの真価が問われます。

メーカーのスペックだけではなかなか判断の難しい所です。

この辺りも以前の記事にまとめていますので参考にご覧になって下さい。

シーリングファンは固定型、サーキュレーターは移動可能

今回の記事の冒頭で同じく空気を循環させる物としてシーリングファンを例に挙げましたが、これはシーリングファンの役割でもあります。

シーリングファン

ただシーリングファンは設置費用や補強工事、設置位置なども色々問題があり、

お手軽に購入とはいきません。

その点サーキュレーターはそれらの問題も気にせずに比較的に安いコストで購入できるというメリットがあります

代表的なサーキュレーターのメーカー

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)


山善(YAMAZEN)


ボルネード(VORNADO)※アメリカ老舗


バルミューダ(BALMUDA)※2003年東京で設立


ボネコ(Boneco)※スイスの老舗家電メーカー


Fochea 


ゼピール(Zepeal)※株式会社電響社のブランド名

サーキュレーターのタイプ

サーキュレーターのタイプには通常の床置きタイプの他に


壁掛けタイプ


タワー型


USB接続


クリップ式


など多彩に渡り色々なタイプが存在します。

小型のものはサーキュレーターというより、扇風機に近い存在です。

サーキュレーターのその他の色々な機能など

現在は色々な機能が搭載されているサーキュレーターが多く存在します。

購入する際には必要かどうかを検討すべきだと思います。

本来サーキュレーターは一定方向に風を送るのがメインです。

下記に挙げた機能はあれば便利ですが、反対にあまりあると故障の原因にも

なり兼ねないので、その点は注意が必要です。

その他の色々な機能など

  • 上下左右首振り機能
  • 無段階風量調整機能
  • 360度首振り機能
  • 音声認識
  • リモコン
  • タイマー
  • デジタル表示
  • 静音タイプ
  • DCモーター

まとめ

今回はサーキュレーターとは?という題材で記事にしました。

初めて購入される方にもできるだけ多くの情報を提供しようと思い色々と掲載しましたが、いかがでしたでしょうか?

サーキュレーターは年中重宝します。そしてその性能は年々進化しています。

以前より小型でも性能はアップしていたり、機能が充実していたりと様々な技術が込められています。

後はお住まいに本当に必要なものを選択して、快適な生活空間を是非手にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました