アイリスオーヤマのサーキュレーターを型番で見分ける方法とは?

アフィリエイト広告を利用しています

アイリスオーヤマサーキュレーターアイのサイズ サーキュレーター

アイリスオーヤマのサーキュレーターを型番で見分ける方法を紹介します。

ネットでアイリスオーヤマのサーキュレーターを購入しようとしたんだけど、そもそも型番の先頭にある「KCF-〇〇〇」と「PCF-〇〇〇」の違いってなんだろう?」

アイリスオーヤマって、商品名が同じようなアルファベットや数字が並んでいて見分けが付きにくいよ~。

型番で特徴を見分けることはできないのかなぁ?

私も同じようにこんな疑問や悩みを持っていました。

でも大丈夫です!

色々調べているうちに型番にはいくつかの特徴があることが分かりました!

サーキュレーターを自宅や会社などで購入、その数50台以上(2024年7月時点)、そのたびに欲しい機種などを色々と調べているうちに、そのことが分ってきました。

今回は、そんなサーキュレーター大好き筆者の経験を活かして、皆さんの疑問やお悩みにお答えします。

読み終わるとアイリスオーヤマ サーキュレーターについて人より詳しくなる、そんな内容になってますよ。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマのサーキュレーターの型番前半の「KCF」「PCF」「AZ」の違いとは?

まずは結論!

KCFは家電量販店向けモデル、PCFはホームセンター向けモデルAZはAmazon限定モデル

まずはこれ!型番前半の「KCF」「PCF」「AZ」の違いです。

  • 「KCF-〇〇〇」は家電量販店向けモデル
  • 「PCF-〇〇〇」はホームセンター向けモデルです。
  • 「AZ-〇〇〇」はAmazon限定モデル

となります。

モデルによって性能に違いはありませんが、カラーリングが異なる場合があります。

「KCF-〇〇〇」は、大手の家電量販店に実物を見に行った時によく見かけ、

「PCF-〇〇〇」や「AZ-〇〇〇」は、ネットで見た時に多く見られるとも言えます。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマのサーキュレーターの型番後半で見分ける方法

アイリスオーヤマのサーキュレーターの型番後半で、特徴を見分ける方法を以下にまとめました。

まずは結論

■「数字」は羽根径
■「V」は音声操作シリーズ
■「M」はメカ式(ダイアル式)
■「D」はDCモータータイプ
■「S」はsilent!静音タイプ ※特殊(SDの後に続く文字が対象)
■「C」はcolor!インテリア・デザインモデル ※特殊(SC・SDCの後に続く文字が対象)
■「T」は首ふりが上下左右自動可能なタイプ
■「EC」は全分解タイプ

次にそれぞれ詳しく説明します。

数字は羽根のサイズを表している

例えば、商品名「PCF-SC15」や「PCF-SDS15T」の数字は羽根のサイズです。この例はどちらとも「15」なので、羽根のサイズは15㎝です。

ただし、この数字は3桁の場合があります。

例えば「KCF-KSC152T」や「KCF-SDS151T」の場合です。

この3桁の数字があるのは、型番が「KCF」によくあり、こちらは最初の2桁だけで判断します。「152」「151」つまり羽根のサイズが15㎝だということです

「V」は音声操作シリーズ

「KCF-SCV151T」や「PCF-SCV15T」のように「」が商品名の「SC」の後などに付きます。

これは声で話しかけて操作するサーキュレーターアイの「音声操作シリーズ」を表しています。

今回は音声操作については触れませんので詳しく知りたい方は、公式ページのアイリスプラザ にてご覧ください。

「M」はメカ式(ダイアル式)

これはサーキュレーターアイminiシリーズにあるタイプの一つです。

上のようなダイアル式をメーカーさんのHPでは「メカ式」、パネル式を「アイコン式」とタイプ分けしています。

M」はこのタイプ分けの「メカ式」にあたり、「PCF-SM12-P」のように表示されます。つまりダイヤル式ということです。

「D」はDCモータータイプ

次は「D」です。これはDCモータータイプに表示されます。アイリスオーヤマでは「DC JET」というマークで販売ページなどで紹介されています。

「PCF-SDC15T」「PCF-SDC18T」のように基本の型番「SC」の間に「D」が入ります。

ちなみにDCモーターとは簡単に言えば高性能で静音性に優れ、更には消費電力抑えられるモーター。

現在、DCモータータイプは、アイリスオーヤマのサーキュレーターの中でも、大変人気のあるモデルで多くのユーザーに選択されています。

もっと詳しく知りたい方は「もう失敗しない!サーキュレーターの選び方を5児パパが徹底解説」にて詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

「S」は「silent」、静音タイプ

アイリスオーヤマ サーキュレーターアイHPより

これはDCモーターを更に進化させて、より運転音を抑えたモデルです。

「KCF-SDS151T」や「PCF-SDS15T」のように「SD」の後にもう一度S」が入ります。

これは実際に電気屋さんで運転音をMAXにして音を聞いてきましたが、家にある普通のDCタイプと比べて明らか静音でした。Amazonでもすでに人気商品となっている注目商品です。

表面積を広く取って、より多くの風を捉えて送り出す立体形状の羽根が特徴。

従来の機種より風切り音を抑えながら十分な風を生み出します。

Amazonサーキュレーター売上ランキングを見てみる

「C」はcolor、インテリア・デザインモデル

「PCF-SDCC15T-A」や「PCF-SCC15T-P」のように「SC」や「SDC」の後に更に「C」が付きます。

ちょっとややこしいので」が2回つくと考えてもいいかもしれません。

これらはDCタイプは「インテリアモデル」、ACモータータイプ(DCタイプ以外)はデザインモデルと呼んでいます。ご覧のようにカラー「color」が豊富です。

サーキュレーターアイの「T」は首ふりが上下左右自動

さてこの「T]ですが、ほぼ型番の最後に付きます。

今まで色々と型番や商品を紹介してきましたが、それらほとんどにこの「」が付いていることにお気付きでしょうか?

実はこれはアイリスオーヤマ サーキュレーターアイは発売当初(2018年3月23日)から、上下・左右首振りタイプ「PCF-KSC151T」と左右首振りタイプ「PCF-KSC151」の2機種をラインアップされており、「T」とはこの上下左右自動首振り機能のことを表します。

今ではほとんどの機種に搭載されていますが、そんな中でも販売当初からある左右(だけ)首振りタイプのもあります。

それがPCF-SC15です。

ちなみにプロペラが15㎝タイプのサーキュレーターアイは、サイズが同じです。

(約)幅21×奥行21×高さ29.0cmが基本です。

私個人的には【212129(にいちにいちにきゅう)タイプ】と覚えやすいように読んでいます。

これを覚えておくと毎回サイズの確認をしなくていいので便利ですよ。

「EC」は全分解タイプ

「EC」は全分解タイプです。

今まで背面ガードまで取り外しができない機種がほとんどでしたが、この全分解タイプはそんなユーザーの悩みに応えてくれたお手入れがしやすいモデルです。

また、工具なしでも分解できるタイプもあるので、さらに便利になっています。

スポンサーリンク

サーキュレーターアイの人気機種の違いを簡単に比較

「機種ごとにどんな違いがあるのか、簡単に比較してくれないかなぁ?結局はどれを買えばいいのか判断が大変。」と言う方に、サーキュレーターアイの人気商品をシリーズ別に比較して紹介します。

羽根のサイズは15㎝が基本です。他のサイズとしては12㎝と18㎝があります。

12㎝はminiシリーズのみ、18㎝はDCsilentシリーズの「Sカラーバリエーションの「Cは現在は発売されていませんので、覚えておくとサイズをいちいち探す手間が省けます。※2021年6月時点

【2018年販売】KCF-KSC152TとPCF-SC15Tの違い

KCF-KSC152TとPCF-SC15Tの違い

サーキュレーターアイのスタンダードシリーズのからはKCF-KSC152TとPCF-SC15T。

この違いはカラー。

KCF-KSC152Tはパールホワイト、PCF-SC15Tはホワイトの違いです。

型番 KCF-KSC152T PCF-SC15T
到達距離 25m
適応畳数 18畳
羽根サイズ 15㎝
角度調整 上下左右自動
送風モード リズム
風量 5段階
切タイマー 1・2・4時間
参考動画 PCF-SC15Tフォルムver
参考動画 PCF-SC15T到達距離ver
参考動画 PCF-SC15T首ふりver
こんな人におすすめ

コスパ重視で機能は上下左右自動首振りのみを求める方
価格6,000円~7,000円

【2019年販売】KCF-SDC151TとPCF-SDC15Tの違い

KCF-SDC151TとPCF-SDC15Tの違い

サーキュレーターアイ DCJETシリーズからはKCF-SDC151TとPCF-SDC15T。

この違いはPCF-SDC15Tには「入りタイマー」がないという点です。

実際にあまり使うこともないのでどうしても欲しい方はKCF-SDC151Tを選択してください。

この2機種は「衣類乾燥」モードが搭載されています。

これは首振りの正面では自動で送風を弱く、左右では強くするというものです。端にいくほど風量が大きくなるので、たくさんの洗濯物を端から端までまんべんなく乾かします。

またDCモーター搭載機種なのでパワーもグレードアップ!

型番 KCF-SDC151T PCF-SDC15T
到達距離 27~28m
適応畳数 24畳
羽根サイズ 15㎝
角度調整 上下左右自動
送風モード リズム・衣類乾燥
風量 10段階
切タイマー 2・4・8時間
入りタイマー 2.4.8時間
参考動画 到達距離27M version
参考動画 到達距離28M version
こんな人におすすめ

機能とパワー重視の方、衣類乾燥の乾燥にも使いたい方
PCF-SDC15T:価格10,000円前後 KCF-SDC151T:価格約12,000円~18,000円

【2020年販売】KCF-SCC151TとPCF-SCC15Tの違い

KCF-SCC151TとPCF-SCC15Tの違い

サーキュレーターアイ デザインモデルからはKCF-SCC151TとPCF-SCC15T。

この違いは送風モードの違い。KCF-SCC151Tは衣類乾燥、PCF-SCC15Tはリズムの違いです。

送風モードのリズムはサーキュレーターアイの発売当初からついている機能で、風の強さを変化させて自然に近い心地良い風を再現します。

型番 KCF-SCC151T PCF-SCC15T
到達距離 25m
適応畳数 18畳
羽根サイズ 15㎝
角度調整 上下左右自動
送風モード 衣類乾燥 リズム
風量 5段階
切タイマー 1・2・4時間
参考動画 PCF-SCC15T フォルムver
こんな人におすすめ

値段は張るけど人とは違うカラーや部屋に合うカラーをお探しの方と更には衣類乾燥にも使いたいい方
価格9,000円~13,000円

【2021年販売】KCF-SDS151TとPCF-SDS15Tの違い

KCF-SDS151TとPCF-SDS15Tの違い

サーキュレーターアイ DCsilentシリーズからはKCF-SDS151TとPCF-SDS15T。

この違いは送風モードの違い。KCF-SDS151Tは強制攪拌、PCF-SDS15Tはリズムです。

KCF-SDS151に搭載されている強制攪拌とはボタンを押すと、まず上方向に首ふりが始まり、約11秒後に風速最大となります。約60°の位置で首振り後、45°まで下降してその後30°の範囲で左右の首ふりをします。素早く温度のムラを無くしたい時に有効な機能です。

先ほどの「サーキュレーターアイの「S」は2021年新型の「silent」静音タイプ」の章でお伝えしましたが、この静音性はサーキュレーターアイシリーズでも一番です。

型番 KCF-SDS151T PCF-SDS15T
到達距離 28m
適応畳数 20畳
羽根サイズ 15㎝
角度調整 上下左右自動
送風モード 強制撹拌 リズム
風量 8段階
切タイマー 2・4・8時間
その他 リモコンは本体廃部に収納可能
こんな人におすすめ

とにかく静音性を重視する方、部屋の温度のムラをいち早く無くしたい方
価格約10,000円~15,000円

KCF-SDS151Tをアイリスオーヤマプラザで見てみる

【2021年販売】KCF-SDCC151TとPCF-SDCC15Tの違い

KCF-SDCC151TとPCF-SDCC15Tの違い

サーキュレーターアイ DCJET インテリアモデルからはKCF-SDCC151TとPCF-SDCC15T。

この違いは「入りタイマー」の有無です。KCF-SDCC151Tには搭載されていますがPCF-SDCC15Tにはありません。

PCF-SDCC15Tにはこんなパステルカラーもありますのでインテリアとしての幅も広がります。

型番 KCF-SDCC151T PCF-SDCC15T
到達距離 27m
適応畳数 24畳
羽根サイズ 15㎝
角度調整 上下左右自動
送風モード リズム・衣類乾燥
風量 10段階
切タイマー 2・4・8時間
入りタイマー 2.4.8時間
こんな人におすすめ

性能や機能を重視しつつ、インテリアとしてもお選びしたい方
PCF-SDCC15T:価格約12,800円~18,000円 KCF-SDCC151T:価格約13,000円~18,500円

スポンサーリンク

今回のまとめ

ポイントのまとめ
  • 基本、KCFは家電量販店向けモデル、PCFはホームセンター向けモデル
  • 2桁ないし3桁の数字は、羽根のサイズを表している
  • 「V」は音声操作シリーズ
  • 「M」はメカ式(ダイアル式)
  • 「D」はDCモータータイプ
  • 「S」は2021年新型の「silent」静音タイプ ※SDの後に続く文字が対象
  • 「C」はcolor?インテリア・デザインモデル ※SC・SDCの後に続く文字が対象。
  • 「T」は首ふりが上下左右自動

以上のことを知っておくと、ネットやカタログの型番を見るだけで、その機種のシリーズや羽根のサイズなど分かります。

欲しい商品が決まったらまたこの記事で、KCFとPCFの違いを確認するそんな使い方をして自分に合った「アイリスオーヤマ サーキュレーター」を是非手にして下さいね。

■YouTubeやXもやっています!記事の感想や意見などお気軽にどうぞ(^O^)/
この記事を書いた人
Gassyu

日中は小さな規模の経営を行っている7人家族の主です。喧嘩の絶えない子供を抱えて日々奮闘!ブログは夜な夜な更新しております

Gassyuのツイッターを見てみる
サーキュレーター
スポンサーリンク
★★★よかったらシェアをお願いします★★★
Gassyuのツイッターを見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました