音ゲーが遅延なくできるワイヤレスイヤホン EKSA(エクサ) GT1 をレビュー!

EKSA(エクサ) GT1お役立ち情報

今回はゲーミングイヤホン「EKSA GT1」をレビューしていきます。完全ワイヤレスイヤホンで一番の特徴は45msという超低遅延を実現!

その他に最大36時間の使用が可能でBluetooth5.0を搭載しておりHiFi高音質です。しかもデザインはユニークなサーペンタインデザイン、ブラックと発光ブルーライトのコントラストがとってもカッコイイんです。

以前にワイヤレスで音ゲーした時に遅延が気になって後悔した経験があるんだけど大丈夫?

とこんなお悩みの方におすすめするのが「ワイヤレスイヤホン EKSA(エクサ) GT1 」です。

また音ゲーだけでなく、「荒野行動」「フォートナイト」などに代表される、いわゆるFPS(一人称視点)、TPS(三人称視点)のシューティングゲームでも使えるのかも試してみました。

結果:「EKSA GT1」のゲームモードなら遅延をほぼ感じることなくゲームができる!

この記事で分かること

EKSA(エクサ)とはどんな会社
■EKSA GT1の外観とスペック
■EKSA GT1の「ゲームモード」とは何か
■太鼓の達人・プロセカ・荒野行動で遅延は感じるのか
■ワイヤレスイヤホンの遅延を簡単にセルフチェックするおすすめの方法
■EKSA GT1の使用感「音質」「定位置感」「付け心地」「マイク」の4項目
■EKSA GT1はどこで買えるのか、どこで買うのが得なのか

Gassyu
Gassyu

この度はEKSA様より、「EKSA GT1」をご提供いただいたものです。PS4を3台とSwitch1台を保有している5人の子供達(内2人は成人です)にも協力してもらい感想をまとめています。

EKSA(エクサ)とは2018年に設立された中国のメーカー

まずEKSA(エクサ)とはOneOdio (ワンオディオ)のサブブランドで、中国の会社・一兆数码科技(深圳)有限公司が所有するオーディオブランドです。

EKSAは2018年に設立された中国のメーカーで、ゲームプレイヤーの音響体験を向上させるために、高品質のゲーミングヘッドフォンとアクセサリーの製造に特化。これらには製品の性能や美的デザインや快適さ、そしてパッケージングに至るまで高いクオリティーを感じさせるものがあります。

EKSAブランドはまだ耳新しい方が多いと思いますが、すでにアジア、北米、ヨーロッパなど30カ国で活動を展開しており、今後も新製品など注目したいメーカーです。

そんなEKSAから発売されたのがワイヤレスゲーミングイヤフォン「EKSA GT1」です。

EKSA GT1のスペック

EKSA GT1の動画ありましたので掲載しておきます。

どうですか?
商品をまず見た時に「カッコイイデザインだなぁ」と思いました。

さてそのスペックはというとこのようになっています。ご覧ください。

製品名EKSA GT1
BluetoothバージョンV5.0
低遅延性45ms
対応コーデックAAC&SBC
防水レベルIPX4
スピーカー直径Φ10mm
通信距離210m
インピーダンス32Ω±10%
感度98士3dB(ゲームモード)
感度105士3dB(音楽モード)
周波数20Hz-20kHz
充電ケースバッテリー容量500mAh 3.7V
イヤホンバッテリー容量50mAh 3.7V
再生時間約6時間/最大再生時間36時間
充電時間約1.5時間
充電端子Type-C
対応アイテム‎iPhone/iPad/Android対応
材質‎プラスチック
ネット販売価格5,000円~8,000円程度

対応コーデックは「AAC&SBC」となっています。AACは主にiPhoneで使用されるもので、SBCよりも高音質で遅延時間は120ms±30msが一般的です。

EKSA GT1はその遅延時間を45msに短縮されており、当初ホントなのかと疑ってしまいました。音ゲーには最も遅延の少ないaptX LL対応のワイヤレスイヤホンを選ぶのがベストですが、それでも遅延時間は40ms未満です。

比べるとaptX LL対応とまでは言わないが、それでもかなり遅延時間が少ないと分かります。ゲームを60fps=毎秒60コマとして計算すると、1フレームの書き換え時間は約0.016秒(16ms)なので約3コマ分の遅れです。EKSA GT1の遅延時間の遅れは約0.045秒となります。

Gassyu
Gassyu

本当に45ms超低遅延なのかが気になり、メーカーに問合せしたところ「45msの超低遅延は、当社の研究開発チームが繰り返し検証した数値ですので、ご安心ください。」との返答を頂きました。

EKSA GT1の外観とデザインについて

EKSA GT1の外観のの特徴はまずこのイヤホンケースです。このサーペンタインデザインはコブラをモチーフしているようで、商品を手に取った時に思わず誰かに「これカッコよくない?」言いたくなりました。作り手の思いやこだわりを感じますね、これは。

EKSA GT1の外観

ぱかっとコブラの口を(ケースの蓋)開けるとこのようにGT1のイヤホンが収められていました。青色LEDとブラックと調和のとれたデザインがとても印象的です。

化粧箱もセンス良く仕上げられており、ゲーム好きな方にプレゼントすれば喜んでもらえそうです。

化粧箱を開けると商品はこんな感じで入っています。

  • EKSA GT1イヤホン本体
  • 充電ケース
  • 充電用USB Type-A to Cケーブル
  • イヤーピース(S・M・L)
  • 取扱説明書(日本語あり)

パッケージの内容は上記の通りです。取扱説明書は日本語も記載されています。「スペック・概要・ペアリングの方法・操作方法・装着の仕方」等丁寧に書き込まれていました。

EKSA GT1の「ゲームモード」とは何か

EKSA GT1の45ms超低遅延の効果を得るにはゲームモードにする必要があります。画像の〇印部分のタッチエリアを約2秒ほど押してください。ミュージックモードと比較にならないほどの超遅延を感じることができます。

今回の記事の協力してもらった子供達もモードを切り替えた途端に効果を実感!遅延の感じ方が全然違うことに驚いていました。

さすが超遅延ゲーミングイヤホンと名乗るだけあります。

EKSA GT1の音ゲーでの遅延を試す

■太鼓の達人プラス

音ゲーの代表作である「太鼓の達人プラス」を早速プレイしてみました。最初はミュージックモードでやってみましたが、もう違和感を感じるしか言いようがないほど遅延を感じます。この後ゲームモードに切り替えます。

おー!タイミングが合います!さっきまでは何だったんだろうって感じでした。

■プロセカ(プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク

これは娘にやってもらい感想を聞きましたのでそのまま引用しますね。
「プロセカやっみたけど、高速タップしていくやつやから、少しのズレでも違和感を感じるから向いていない!音ズレなしって本当?」との第一声。

でもその後、
「ゲームモードってあるんやね。ゲームモードにしたら気にならなかったよ。凄いやん!」との感想でした。

■荒野行動

これは息子達から聞いた感想です。
口を揃えて一言息子達「遅延感じなかった」

私「おい!それでだけかい!」

まぁとにかく!総評としては「EKSA GT1の45ms超低遅延は確かなもの」という結果になりました。ネットレビューでたまに「EKSA GT1は遅延が酷い」というようなものを見かけますが、思わず首を傾げたくなります。

EKSA GT1を簡単にセルフチェックするおすすめの方法

超簡単でおすすめなのがこれ「ワイヤレスイヤホンを付けたままスマホをマナーモードにせず、ただキーボードを打つだけ」です。

これスマホがあれば誰でも簡単に、お持ちのワイヤレスイヤホンやヘッドホンの遅延を確認できるので一度やってみてください。

あとYouTubeで遅延確認ツールなど公開されていますので、一つ紹介しておきます。

■【60fps改良版】遅延計測ツール 1分 Bluetoothヘッドホン・イヤホン キャプチャーボード モニターの音ズレ確認に使えます

EKSA GT1の使用感

EKSA GT1の使用感を「音質」「定位置感」「付け心地」「マイク」の4項目に分けてお伝えします。

EKSA GT1の音質

正直感動するレベルの音質は感じませんがクリアな音質ではあります。映画を観たり音楽を聴いたりしてみましたが、なかでも人の声や歌声などが聞き取りやすいのが特徴的でした。

画像編集のレイヤーで例えるなら、人の声や歌声が最前面で音楽や効果音は背面にあるような感じです。

EKSA GT1の定位感

ゲーミングイヤホンなら遅延と並ぶ重要な要素の定位感。これは息子達の方がゲームをやり込んでいるので感想を聞きました。

「左右の位置や距離など分かりやすかったよ」とのコメント。

定位感についてはYouTubeでこんなツールがあったので自身で試したところ、確かに目をつぶっていても鳴っている位置がしっかりと分かります。

他にもこういった動画もあり何メートル先まで聞こえるかも試したところ、通常の音量では約90mまで聞こえ、イヤホンの音量をMAXにした時は100mまで聞き取ることもできました。

EKSA GT1の付け心地

これは人の耳大きさや形にもよると思いますが、私の場合は長時間使用しても耳が痛くなることはありませんでした。

途中首を左右に強く振ったり、軽く筋トレもしてみましたがポロっと外れることもありませんでした。安定した付け心地です。

イヤピースがL・M・Sと3種類用意されていますので、ほとんどの方はこれでカバーできます。

ただ息子の一人は耳の形のせいか他のイヤホンでもそうなんですが、しっくりとこなかったようでした。

EKSA GT1のマイクの聞き取りやすさ

EKSA GT1のマイクの聞き取りやすさについては家の中で、1人にEKSA GT1を装着してもらい会話をしましたが良く聞こえました。

チームプレイで戦略上重要なのか会話。音質でも感想を言いましたが人の声は特に聞こえやすいのが特徴なので「えっ!今なんて言ったの?」と聞き直すようなことは少ないでしょう。

EKSA GT1を使ってみて気になったことやその他の感想

ここで長時間使ってみて一番気になったことがありますのでお伝えします。これは家ネット環境によるものかもしれませんが、ずっと使っているとたまに音が途切れそうになる時がありました。

気にならないレベルと言えばそれだけの話なんですが、シビアな性能をお求めの方にはおすすめのできないレベルです。とはいえ価格から考えてると十分コスパの良い商品です。

その他については片方を付かない時は充電ケースに入れておくこともできます。周りの音も聞いておきたい時に有効です。片耳だけ使用できるイヤホンもありますが、右耳だけとか決まってる場合もあるのでその煩わしさがないのも嬉しいですね。

その他ノイズキャンセル機能はオンのまま、電源が入った最初はミュージックモードになっているので、ゲームするたびにモードを切り替えをしなければいけないのもマイナスかなぁと思いました。

EKSA GT1はどこで買えるのか、どこで買うのが得なのか

EKSA GT1は■Amazon■楽天市場■Yahoo!で購入できます。

ではどこで買うのがお得なのか?ズバリ!楽天市場の「ワンオーディオ・ジャパン楽天市場店」です。

ネットモール名販売参考価格
Amazon5,999円
楽天市場4,980円
Yahoo!7,000円~8,000円

※2022年情報です。今後販売サイトの都合によって価格は変動することもあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は「音ゲーが遅延なくできるワイヤレスイヤホン EKSA GT1 をレビュー!」と題して EKSA GT1を子供達にも協力してもらいレビューしました。

この記事でお伝えしたこと

EKSA(エクサ)とはどんな会社
■EKSA GT1の外観とスペック
■EKSA GT1の「ゲームモード」とは何か
■太鼓の達人・プロセカ・荒野行動で遅延は感じるのか
■ワイヤレスイヤホンの遅延を簡単にセルフチェックするおすすめの方法
■EKSA GT1の使用感「音質」「定位置感」「付け心地」「マイク」の4項目
■EKSA GT1はどこで買えるのか、どこで買うのが得なのか

結果:「EKSA GT1」のゲームモードなら遅延をほぼ感じることなくゲームができる!

EKSAのワイヤレスイヤホンGT1の良さだけでなく、気になった点もお伝えしました。

ヘッドホンと違ってイヤホンですので小型で持ち運びも楽です。そして最大36時間の使用も可能、Bluetooth5.0を搭載しておりHiFi高音質。45msという超低遅延を実現したEKSAのワイヤレスイヤホンGT1

気になる方はワンオーディオ・ジャパン楽天市場店 ←こちらをクリックして商品の詳細を確認してみてくださいね。最安値ですよ。

お役立ち情報
スポンサーリンク
★★★よかったらシェアをお願いします★★★
Gassyuのツイッターを見てみる
直感DEレビューブログ

コメント

  1. 匿名 より:

    内容も分かりやすく
    今丁度欲しかったのでこれにしようかなと思いました!

    • GassyuGassyu より:

      嬉しいコメントありがとうございます!
      今後の励みになります(^^♪
      「EKSA GT1」はゲームされる方のはかなりおすすめです。
      記事には書きませんでしたが、娘が大変気に入っていたので、
      そのまま娘にあげたほどです。

タイトルとURLをコピーしました