Aladdin Vase(アラジンベース)の性能や特徴とは?購入に不向きな方とは?

Aladdin Vaseお役立ち情報
スポンサーリンク

9月27日、販売累計150,000台を突破した照明一体型3in1プロジェクター「popIn Aladdinシリーズ」にとうとう新たな商品が発表されました。

それがスマートライト型プロジェクタ―「Aladdin Vase」(アラジンベース)。

この手軽に持ち運べるコンパクトタイプの新商品、キャメルブラウンのカラーはお洒落でインテリアとしても傍に置きたくなりますね。

そこ気になるのが性能や特徴。

今回は 過去の「popIn Aladdinシリーズ」 を2種類購入した筆者が、 「Aladdin Vase」 のその性能や特徴に迫ります。

購入を検討されている方に「こんな方は購入した方がいいよ」とか、「こんな方は過去の引掛けシーリングタイプ方がいいよ」など、参考になればと思います。

Aladdin Vaseの性能と特徴

まず、ここでは他社のプロジェクタ―や 「popIn Aladdinシリーズ」 などにない特徴やデメリットなど、是非知っておきたい情報をまとめました。

途中 「popIn Aladdinシリーズ」 という言葉を使っていますが、これは当ブログでは分かりやすいように「 popIn Aladdin SE」「 popIn Aladdin 2 」を意味しています。

Aladdin Vaseの空間に飾りたくなるデザインとカラー

まず注目すべきは、Aladdin Vase のキャメルブラウンカラーのデザインです。

最初、正直画像で見た時は一瞬これは?と驚きました。それは今までのプロジェクタ―にないこのカラーとデザインにと戸惑ってしまいました。反対に言えば想像していた範疇を超えた斬新なデザインともいえるかもしれません。

後ほどAladdin Vaseの発表会の模様の動画を紹介しますが、それを見ると写真では伝わない質感や存在感など、手に触れてみたいという衝動やお部屋に飾って置きたいと思えるデザインに皆さんのインスピレーションを刺激するのはないでしょうか。

一瞬拒絶反応ともいえるこの刺激を与えたこのデザイン、これは プロダクトデザイナーの柴田文江氏が手掛けられました。数々の世界のデザイン賞を受賞され、2018年から2019年もグッドデザイン賞の審査委員長も務められた方です。

このあたりの経緯も先ほどの動画の中で語られていますので、開発ビジョンなども合わせて気になる方はご覧ください

Aladdin Vaseは置き場所や投影場所が自由、天井にも投影できる

さてこの後は性能や機能などを重点的に紹介します。冒頭にお伝えした通り今までに「popIn Aladdinシリーズ」 を2種類 「SE」と「2」 購入しましたが、 両機種とも引掛けシーリングタイプでした。

一方のこの新商品のAladdin Vaseは据え置きタイプです。そのため置き場所は自由です。

梱包された商品の中には横置きできるスポンジのような物が入っているようで、それによって Aladdin Vase今までは投影できなかった天井にも映し出すことができるようになりました。

さらにはお出掛け先や屋外と今までにないシチュエーションでの活躍の場が広がります。

ここは注意!!

ただし入力端子はUSB Type-Cケーブル電源コードのみとなっています。

イメージです。

屋外やキャンプで使用したい方には、モバイルバッテリーなどが必要となり少し不自由かもしれません。

Amazonで見るモバイルバッテリー

Aladdin Vaseには待望のオート機能搭載

Aladdin Vase には待望の2つのオート機能が搭載されました。

  • オートフォーカス
  • 自動台形補正

今までに手動で行っていたこれらの作業が不要になりました。

引掛けシーリングタイプでは最初に設定を行いますが、設置場所を変えるたびの変更は意外と面倒。

今回の商品は据え置きタイプなので、そんな面倒なことは一切気にしなくてもお気に入りの場所に移動させるができます。

画質HD・解像度1280×720

さて気になる性能面はどうでしょうか?まずは画質です。

Aladdin Vase はコンパクトながらも画質はHD、解像度が1280×720あります。

ちょっと残念!

ただし「popIn Aladdinシリーズ」 のユーザーなら「フルHDじゃないの?」と少し残念な気がするかもしれません。

でも動画配信をよく観られる方ならご存知だと思いますが、代表的な配信サービスの「Netflix」や「Amazonプライムビデオ」など基本はHDです。

popIn Aladdin SEや2はフルHDですが、だからといってこのような動画配信をフルHDで観ているわけではないので、この点では特に問題はないでしょう。

VOD比較表より画質月額料金(税込)無料お試し期間ダウンロード端末登録数
AmazonプライムビデオSD/HD/4K500円30日間無制限
DisneyプラスフルHD770円31日間5台
NetflixSD/HD/4K990円~お試し無料配信のみ無制限
U-NEXTフルHD/4K2189円31日間無制限
dTVSD/HD/4K550円31日間5台
HuluSD/HD/フルHD1026円14日間無制限
FODプレミアムSD/HD976円31日間×無制限

明るさは200ルーメン

popIn Aladdinシリーズから見ると気になるかも

Aladdin Vase はプロジェクタ―の性能において重要とされるこの明るさは200ANSIルーメンです。

これはpopIn Aladdin SEの500ANSIルーメン、popIn Aladdin 2の700ANSIルーメンからすれば見劣りしますが、一般的なモバイルプロジェクターが100から300ANSIルーメンであることから見れば決してスペックが低いわけではありません。

むしろAladdin Vase は「 ベッドルームを彩るとっておきの魔法」と謳っており暗いシーンでのご利用がメインですので、十分な明るさといえます。

設計寿命は20,000時間

Aladdin Vase のランプの設計寿命は約20,000時間です。1日6時間使用の場合、約9年の利用が可能です。

popIn株式会社 代表取締役社長の程 涛氏の発言によると1日の投影時間は平均5時間を超えると言っています。

普通のプロジェクタ―では映画を観たりするのが主な使用目的ですが、この結果はいかにpopIn Aladdinがユーザーの生活に溶け込んでいるかを表しています。

設計上の寿命ではありますが、そんな生活を約9年ほど過ごせるといのは決して短くはないのではないでしょうか。

アプリの種類は 「popIn Aladdinシリーズ」 と同じ

Aladdin Vase はOSにAndroid9.0を搭載しておりオリジナルアプリなど 「popIn Aladdinシリーズ」 と同じです。

キッズ向けのアプリもあり、また花火大会やゲームなどのイベントなどもあったりと popIn社がかなり「家族との思い出」にもこだわっているのが分かります。

Aladdin Vaseのみならず Aladdin Vase はただプロジェクターというデバイスだけでなく、そういった「家族」で楽しめるコンテンツであると全て商品に言えます。

我が家での「おうち花火大会」の様子を動画にしていますので参考にどうぞ。

Aladdin Vaseの投影距離

Aladdin Vase の投影距離はほぼ「SE」と同性能です。下記に「2」とともに比較表を掲載しておきます。

 VaseSE2
画面サイズ[幅×高さ(m)]投影距離
約30インチ [0.66×0.37〕0.86m
約40インチ  [0.88×0.49] 1.15m1.27m 0.85m 
約50インチ  [1.10×0.61] 1.43m1.52m 1.00m 
約60インチ  [1.32×0.74] 1.73m1.78m 1.16m 
約70インチ  [1.55×0.87] 2.00m2.04m 1.32m 
約80インチ  [1.77×0.99] 2.29m2.30m 1.47m 
約90インチ  [2.00×1.12] 2.58m2.55m 1.63m 
約100インチ[2.21×1.24] 2.87m2.82m 1.78m 
約110インチ[2.44×1.37] 3.07m 1.94m 
約120インチ[2.65×1.49] 3.33m 2.09m 

「popIn Aladdinシリーズ」 と違う点は据え置きタイプなので、引掛けシーリングタイプのよう部屋の中央に設置しなくても部屋に幅がたった2mもあれば70インチが投影できる点です。

ちなみに今回は娘の誕生日ために予約したんですが、部屋は4.5畳しかありません。でも計算すると部屋の端に設置すれば、なんと80インチの大画面が可能でした。

Aladdin Vaseのムードの演出にも役立つスマートライト

Aladdin Vase はプロジェクターであると同時にスマートライトでもあります。

こちらはスマートライトの設定画面です。4つのモードがあります

  • ホワイトモード・・・基本設定を行います。
  • サウンドモード・・・音楽に合わせて光を演出してくれます。
  • スリープモード・・・光に合わせて呼吸をすると、睡眠導入の効果を得られるというもの。
  • グラデーションモード・・・時間の経過とともに光のグラデーションを楽しめます。

Aladdin Vaseの進化した性能

Aladdin Vase Wi-Fi 6およびBluetooth5.0が搭載されています。

「popIn Aladdinシリーズ」 では無線LANはIEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetoothは4.2です。

一方 Aladdin Vase は 無線LAN はIEEE 802.11ax、つまりWi-Fi6であり最新の技術が導入されています。最大通信速度9.6Gbps、第5世代のWi-Fi 5を大きく上回ります。

Bluetoothも「4.2 」から「5」に進化しています。

つまりより高速にネットに繋がることができるようになっています

■参考資料>Wi-Fiがつながる通信規格

Aladdin Vaseの外形寸法と重さ

外形寸法は80(幅) x 169(高さ) x 80(奥行) mm、質量は約650gと大変コンパクト。

高さは大人の方の手を広げたほどで、600mlのペットボトルをイメージすれば重さもほぼ同じです。

Aladdin Vaseの価格

Aladdin Vase の価格は69,800円(税・送料込み)です。

ちなみにpopIn Aladdin SEが74,800円、 popIn Aladdin 2は99,800円です。

かなりお安くなっていますが、今なら限定1,000台の先行予約で10,000円の割引きクーポンが適用されます。つまり59,800円で購入できるチャンスです!

さらに特典として毎週1名の方に全額キャッシュバックという太っ腹なキャンペーンを実施。

チャンスは通算で13回ほどありますので、購入をお考えの方は是非検討してみてください。

なお納品はクリスマスまでにはされるとのことです。


Aladdin Vase 特設ページはこちら

Aladdin Vaseの購入に不向きな方は?

今回の記事の中で Aladdin Vase の気になる点を3つ挙げましたが、ここでまとめます。

  • 入力端子はUSB Type-Cケーブル電源コードのみ 。
  • 画質はフルHDじゃなくHDで少し残念。
  • プロジェクターの明るさは200ANSIルーメン。

これらが気になる方はAladdin Vaseの購入に不向きな方と言えます。

こんな方は是非 Aladdin Vase を検討してみてください。

Aladdin Vase

では Aladdin Vase をおすすめした方はこんな方。

  • 主にベッドルームで使用したい方
  • 天井にも投影したい方
  • モバイルプロジェクターをインテリアとしても扱いたい方
  • 引掛けシーリングタイプでは距離が取れず、大画面が困難な方
  • 家族や知り合いの方にプレゼントしたい方
  • キャンプやお出掛け先で使用したい方で、モバイルバッテリーを用意できる方
  • ネット環境を少しでも高速で繋ぎたい方

などです。

popIn Aladdinはコンセプトは「未来の壁」。

こんな大画面の「未来の壁」のある生活を是非想像してみてください。

お役立ち情報
スポンサーリンク
★★★よかったらシェアをお願いします★★★
Gassyuのツイッターを見てみる
直感DEレビューブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました