スポンサーリンク

USJで検証 エアリズム,エドウイン,他3種夏マスクを試してみた

エアリズムマスクお役立ち情報
スポンサーリンク

ファーストリテイリングの完全子会社の株式会社ユニクロから

6月19日(金)からユニクロ店舗とオンラインストアで「エアリズムマスク」を販売。

その話題性、エアリズム生地の性能と人気、社会的背景にある需要などから

即完売となりました。

私も欲しくて販売日に頑張って購入しようとしましたが、

結果買えなくて残念な思いを・・・。

それでもなんとか2週目の入荷の時に入手する事ができました。

エアリズムマスク

もちろん、早速使用!

私の場合、エアリズムマスクの入手方法について

販売時期や時間オンラインショップなどの購入方法、

商品の素材や特徴など記事を作成していたので、

エアリズムマスクが夏ではない」ということは事前に分かっていました。

でも多くの方は意外とこれを知らなくて、

購入後に口コミやツイッターなどの評判を見ると嘆いていろ方が多く見られます。

でも本当に夏など暑い時期には向いていないのか?

という方もいると思います。

ちょうど妻と娘で

ユニバーサルスタジオに行く予定があったので、

「これは検証にいいかも!」

という訳で

ついでにその他の冷感マスクなども持参していざ!ユニバへ!

スポンサーリンク

当日のユニバーサルスタジオの気温や様子など

ユニバーサルスタジオ

6月29日㈪の当日の気温は

最高気温31.1℃
最低気温20.5℃
最大瞬間風速(m/s)6.3(西南西)
入園時の湿度約43%

開園予定時刻の午前10時頃駐車場に到着!

「マスクを着用してください」との表示が所々に

すでに午前9時半頃に開園という情報があり、やや焦りながらゲートに向かう。

当然歩みを進める他の方もマスクを着用。

白色が多く、続いて黒。

体感温度はなかなか暑いなぁという感じでした。

16時には帰る予定で、

結果その日ユニバで15,000歩ほど歩く。

園内に入った頃には

風が出てきて、

暑さは和らぎ、

多少暑いけど汗でシャツがベタつくほどでもなかった日でした。

最初に「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」で水を浴びてきたからかもしれませんが、ちなみに待ち時間は5分ほど!

スポンサーリンク

今回用意したマスクは?

5種類のマスク

今回用意したマスクは5種類

左上から
アルペン>エアリズムマスク>エドウイン

手前の段左から
エドウイン冷感>雑貨の国のアリス 5枚 冷感 マスク

とこんな感じです。

ウエストポーチに入っている5種類のマスク

入場の際の持ち物検査では

ちょっぴり恥ずかしい思いをするので

ご注意下さい(#^^#)

ユニバーサルスタジオの入場時間が開園早々だったので、並ぶこともなかったですよ。

スポンサーリンク

早速エアリズムマスクの着用してみた!

ユニバーサルスタジオの正面ゲート

駐車場から入場ゲートまでエアリズムマスクを着用、

ここで既に息苦しさが・・・。

まだパーク内にも入ってもいないのに

こんなところで検証を終えれないよと

やや苦痛を感じながらゲートをくぐる。

ゲートを潜った辺りは人はそこそこでしたがちょっと歩くと

こんな感じで人が少なく呼吸以外は快適!

とりあえず一旦ここらあたりでマスクをチェンジ!

それと共にここでエアリズムマスクの商品の特徴と使用感を検証を元に紹介。

スポンサーリンク

エアリズムマスクの特徴と使用感

厚みのあるエアリズムマスク

まず写真を見て頂きたい。

敢えて陰影を付けてマスクのふっくら感と厚みが感じとれるように撮影しました。

どうでしょうか?お分かり頂けるでしょうか?

通常の不織布マスクは勿論、普通の布マスクより厚みがあります。

これはユニクロがもっとも重視したその性能を追求した結果だと思います。

3つのエアリズムマスクの特徴

エアリズムマスクの特徴は3つあります。

  • ユニクロ独自の3層構造により高い防御性能を実現
  • 繰り返し洗えて尚効果が持続する「高性能フィルター」
  • マスクの内側部分にエアリズムを使用、なめらかな肌ざわりを実現

ユニクロのプレスリリースでは次のように記述があります。

「高性能フィルター」はBFE99%カットを誇り、飛沫、細菌やウィルスが付着した粒子、花粉などをブロックします。

また、表側に配した「メッシュ素材」はUVプロテクション機能を有し、紫外線を90%(UPF40)カットします。

ユニクロプレスリリース6月15日より

3つの層を持っており内側、つまり口に触れる層のみにエアリズムが使用、

残りの2つの層で飛沫、細菌やウィルス、花粉など防ぎ、紫外線も90%カットします。

つまりオール「エアリズム」ではなく

安全性を重視した上でなめらかな肌ざわりを実現しつつ繰り返し洗えてる

これが特徴です。

エアリズムマスクの使用感

今回夏マスクとしてはどうかと検証してみましたが、

ユニバーサルスタジオの駐車場から入場ゲートを潜り抜けてしばらく歩いた時点で

「やっぱりダメだ!」と痛感しました。

歩いているので体温も上昇し、口元にも熱がこもります。

吐く息の温度もどんどん上がります。

通気性がよくないので、逃げ場の少ないその熱くなった空気は体へ循環し

更に熱さが増します。

「他人への飛沫を防ぐ力を今体感しているんだ!」

と思うしかないです。

結果エアリズムマスクは夏マスクではない!と実感!

とこんな感じで暑い時期には向いていませんが、

それ以外であれば使用感はかなりいいと思います。

口や鼻、あごまですっぽりと包み込んでくれる安心感、

フィット感と肌さわりがよくサラッとしてます。

通気性がいいわけではないので実際につけてみると、蒸れる感じは否めません。

でも口に纏わりついたり、ベタ付きはあまりなく、

ただ鼻で呼吸するたびにマスクがスーハ―スーハ―と連動して

鼻先の部分が動きます。

また声がこもるというマスク特有の特徴ですが、

このマスクは厚みがあるのでどうかなぁと思いましたが、

それほど気になりません。

そして布マスクによくある嫌な臭いなども気になりませんでした。

ただやはり通気性がよくないので、

おしゃべりを続けていると熱がこもります。

その上昇した熱をまた更に吸い込むので体内に熱がこもり易くなります。

お話を仕事とする営業マンや電話オペレーターの方、教師の方

などのお仕事にはちょっときついかもです。

この後は他のマスクのレビューとなりますので

よろしければ参考までに、どうぞ!

ではアルペン、エドウインのマスクはどうか?

入場ゲートでちょっぴり恥ずかしい思いまでして持参したマスク、

折角ですのでアルペン、エドウイン、を交互に試してみました。

この2つはエアリズムマスクと同じで接触冷感ではなく普通のマスクです。

さて

マスクを装着して向かった先は

「進撃の巨人XRライド」と「ザ・フライング・ダイナソー」です。

「進撃の巨人XRライド」は実際の待ち時間は30分弱
「ザ・フライング・ダイナソー」も同じぐらいでしたよ。
楽々乗れました!

めちゃくちゃ楽しかった両アトラクションでしたが、

やはり通常のマスクではこの時期の暑さと歩行には厳しかったです。

でも、

エドウインマスクならと期待はありました。

接触冷感とは謳ってはいませんが、触るとヒンヤリとするのでこれはいけるかも!

と個人的にお気に入りマスクでしたが、アルペンと共に撃沈でした。

エアリズムマスクと同じく熱がこもり息苦しさが・・・。

ちなみに今回アルペンは冷感マスクでの結果ではないのでご注意ください。
※アルペン冷感マスクは買えませんでした(>_<)

エドウインの冷感マスクは後ほどレビューしますね。

最後に冷感マスク2種類を検証

さて最後に向かったアトラクションは

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター

ウォーターワールド

「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」は待ち時間10分ほどと言うよりほぼ無いという感じでした。
「ウォーターワールド」は開演5分ほど前に到着しても十分座れました。ちゃんと1列飛ばしで間隔も空けられていましたよ。

この2つのアトラクションでは

・エドウインの夏用の接触冷感COOLデニムマスク
雑貨の国のアリスの冷感マスク

を着用。

2つとも暑さは見事に軽減され蒸し暑いとか息苦しさはあまり感じられませんでした。

雑貨の国のアリスの冷感マスクのレビュー

雑貨の国のアリスの冷感マスクにおいては生地がアイスシルク素材を使用され

アジャスターが付きで紐の長さが調整可能です。

ただ紐の強度が弱く切れやすいのが難点

使用感はとてもよく時々下あごまで被さっているのか心配になったほどです。

後普段バイクに乗っているんですが、

その時にマスクの内の温度が明らかに低いと感じます。

多分これはほとんどの方も使用すると感じると思います。

これなら夏用マスクと謳っても大丈夫!

エドウイン夏用の接触冷感COOLデニムマスクのレビュー

エドウインの夏用の接触冷感COOLデニムマスク

エドウィンの夏の人気商品でもあるCOOLデニム素材を使用

装着するとサラッとしており、吸湿性が通気性が優れているので

呼吸もしやすく、蒸し暑さはあまりないです。

通常のマスクと比べると生地は薄いが、ゴワゴワした感覚。

でもそれが決してつけ心地が悪いわけではなく、

鼻先の空間を確保させてとても息がし易いです。

その点は今回の中では一番でした

紐の長さも調整できるのも嬉しいです。ただ緩める時に少し時間が掛かりました。

こちらも夏用マスクと謳っても大丈夫!だと思います。

まとめ

今回エアリズムマスクを初め、その他の冷感マスクをユニバーサルスタジオで試着して

夏用として使えるのかを検証してみました。

ただこれからますます暑くなり、真夏を迎えようとしてしています。

その時により真価が問われてきます。

ただ夏用マスクは感染(侵入)を完全に防ぐものではないのがほとんどですので

あくまでも暑さを軽減する物だと割り切ってお使い頂くのがベストだと思います。

最後に

元々ユニクロはエアリズムマスクは夏用ではなくオールシーズン用だと言ってます。

更にユニクロのHPでは次のようなコメントがあります。

お客様の声を活かし、今後も進化するユニクロのマスク

人々の健康的な生活にマスクが不可欠となった現在、ユニクロではLifeWearとして最適なマスクの提供を今後目指してまいります。本製品発売後もお客様の声を最大限に活かし、性能、快適性などにおいて、よりすぐれたマスクの開発に邁進します。

このよりすぐれたマスクの開発とは

ユニクロさんのみならず、

他のメーカーさんも今も研究され努力されていると思います。

その努力に感謝すると共に今後にも期待したいと思います!

これで

ユニバーサルスタジオ(レポート付)で検証! エアリズムマスクお勧めではあるが夏用ではない!他4種もレビュー!

の記事は終了です。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました