スポンサーリンク

【5分で解決】要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください

要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正ブログ
スポンサーリンク

こんばんはGassyuです。

ブログのサーバーをエックスサーバー使っていますが、三ヶ月前ぐらいから、

グーグルアドセンスにこのような表示が、

「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」

「なんかやばいかも」とネットで調べたんですが、

「放置しても大丈夫」という意見もあり、楽な放置を選択。

でもそんな時、追い打ちをかけるようにまた新たなる表示が今度は

Google の sellers.json ファイルに販売者情報を公開することをおすすめします。[アカウント設定] ページで、現在の公開設定のステータスをご確認ください。

という内容が書かれています。

グーグルアドセンスの画面はこんな風に表示

更に「やばいかも!」となりエックスサーバーで調べたところ、案外簡単に対処ができることが分かりました。

早速対処を開始!

HPを見ながら実行しましたがものの5分程度で終了!

やってみればとても簡単!コードが書けない私が言うんで間違いないです。

今回はこの「ads.txt ファイルの問題」の修正ついての話です。

それでは最初に解決の方法、後ほどads.txt(アズテキスト)について説明しますね。

スポンサーリンク

ads.txt ファイルの問題の対処法(エックスサーバー使用)

まず対処前にサイト運営IDが途中で必要なのであらかじめ確認していきましょう。

ステップ1、サイト運営者IDの確認

Google AdSenseのページに入ります>アカウント>アカウント情報に掲載されています。

サイト運営者IDとは、接頭辞「pub-」と 16 桁の数字コードの事(例:pub-1234567890123456)

サイト運営者IDが確認できたら次にサーバーパネルへログインします。

ステップ2、「ads.txt設定」をクリック

「ads.txt設定」メニューをクリックします。

対象のドメインを選択します。

ステップ3、「ads.txt設定追加」をクリック

ステップ4、「ads.txt設定追加」画面の4項目を設定する

画面にある
広告システム
サイト運営者ID
契約種別
認証機関ID
の項目を入力または選択していきます。

広告システムには「google.com」と入力
サイト運営者IDには最初に確認したIDを入力
契約種別にはDIRECT」か「RESELLERを選択
認証機関IDには「f08c47fec0942fa0」をコピペして入力

契約種別について
サイト運営者ID でアカウントを直接管理している場合、「DIRECT」を選択します。
サイト運営者ID でアカウントを直接管理していない 場合、「RESELLER」を選択します。

ステップ5、入力内容を確認し、「追加する」をクリック

ステップ6、 ads.txt設定の追加完了

すべて完了するとこのような画面になります。

その後私の場合は一日で

「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください」

という表示文は消えました。

一安心です。

スポンサーリンク

ads.txt(アズテキスト)について

ads.txt(アズテキスト)自体はその名の通りテキストファイル。

サイト運営者が認定した販売者のみデジタル広告枠を販売する仕組みです。

今のところ必須ではありません。

ただ運営しているサイトのなりすましによる広告収入減などを防ぐ効果が見込まれます。

導入するかしないかは個人の判断です。

このあたりを詳しく書かれている記事がありますので参考に紹介しておきます。

元は2017年の記事ですが、それゆえにads.txt(アズテキスト)が考案された背景になど知る事にもなり大変勉強になります。

それではこれで今回の記事は終了です。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ブログ
スポンサーリンク
★★★よかったらシェアをお願いします★★★
Gassyuのツイッターを見てみる
直感DEレビューブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました